トリアージナースの求人・トップページ > トリアージナースの必要性

トリアージナースの必要性

救急医療には、いろいろな課題が横たわっています。その中でも特に問題になっているのが、診察・治療を優先されるべき患者が後回しされていることです。救急医療では一刻の猶予も許されない患者がいます。緊急度の高い患者を放置していると命取りになることがあります。重傷な患者は当然に軽症者よりも優先されるべき人たちです。しかし、近年の救急外来では来院する患者が劇的に増えたため、緊急を要する患者の見極めができなくなっています。これは救急医療では死活問題です。重症患者だからといって救急車で運ばれてくるとは限りません。重傷な患者でも独歩でこられる方はいます。このような場合は待合室で軽症患者と一緒になるため注意が必要になります。そこで活躍するのがトリアージナースです。

トリアージナースは簡易な問診などを通じて、患者重症度をチェックします。必要に応じてフィジカルアセスメントを行い、緊急な時には医師との連携をはかります。救命救急センターでは一次〜三次救急まで扱うなどあらゆる患者がやってきます。また、その数も多くなります。トリアージナースが迅速かつ的確に状況を把握することによって、診察・治療がスムーズに進みます。近年では、トリアージナースの必要性を各救急病院が認識しつつあり、そのニーズがすごく高まってきています。救急病院の数は4000件を超えています。ただ、年々救急病院は減り続けています。医師不足などを理由に、救急病院の減少傾向に歯止めが掛かっていないのが現状です。救急医療そのものが地域にとってなくてはならない存在になっています。

トリアージナースは、貴重な存在になりつつある救急医療の案内人のようなものです。需要が高まりつつあるトリアージナースですが、救急医療の現場では足りてないのが実態です。今、トリアージナース育成を日本救急看護学会と日本臨床救急医学会が共同で検討している最中です。おそらく今後は、トリアージナースが世間的にも注目される存在になる可能性があります。その先駆けとしてトリアージナースの第一歩を踏み出してみるのもよいかもしれません。トリアージナースの求人は限られています。そこで利用したいのが看護師転職エージェントです。貴重な存在のトリアージナースの転職をサポートしてくれます。無料登録すれば担当者から連絡が参ります。ご希望の条件を伝えれば、全国にあるトリアージナースの求人を提供してくれます。きっと満足できる求人がみつかると思います。

トリアージナースの求人多数!看護師転職サイト人気ランキング

ナースフル

ナースフル

リクルートが母体の「ナースフル」でトリアージナースを探しませんか。高給与・好条件求人が目白押しの「ナースフル」。条件交渉などは「ナースフル」が請け負います。日本最大級の求人数の中から理想のトリアージナースを見つけてください。

詳細はこちら

>>トリアージナースの求人を保有するサイト!最新ランキングの2位以降を見る<<